2020年2月23日日曜日

沖永良部のコーヒー農園視察/「海外にも売り出せる商品」

鹿児島商工会議所商業部会のメンバー12人が21日、和泊町和字のコーヒー農園を視察した。メンバーは、農園を管理する沖永良部珈琲研究所の東さつき代表(48)=霧島市在住=から島内産コーヒーの魅力を聞いた後、コーヒーの実をまるごと焙煎した新商品の味を楽しんだ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月22日土曜日

沖えらぶジョグも中止 新型ウイルス国内感染拡大で 町長「断腸の思い」

第39回花の島沖えらぶジョギング大会実行委員会は21日、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月15日開催予定だった大会の中止を決めた。大会事務局の和泊町企画課は「ランナー、島民、関係者の皆さんの健康と安全安心を最優先に考慮した結果」としている。同大会は1982年に始まり中止は今回が初めて。大会前夜のフラワーフェスティバルなど関連イベントも中止する。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月21日金曜日

和泊、与論の県道で無電柱化 離島で初、新年度着手 鹿児島県

県は2020年度、和泊町と与論町の一部県道で無電柱化に着手する。国の補助を活用した「電線共同溝整備事業」の一環で、電線の地中化による災害発生時のネットワーク確保が目的。県はこれまで本土の都市部で無電柱化を進めており、離島では初の事業化。両町は新年度、それぞれ単独で町道での無電柱化に着手する予定で、県の計画は2町が進める事業と連携する形で進められる

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月20日木曜日

「ポテトスクール」で食育活動/中学生が掘り取り作業に汗

JAあまみ知名青壮年部(根釜和行部長)による「ポテトスクール」が18日、知名町立知名中学校であった。中学1・2年生77人が参加。学校隣の畑に植えつけたバレイショの掘り取り作業に汗を流した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月17日月曜日

島むにの魅力再確認 知名町島唄・島むに大会

知名町の第23回島唄・島ムニ大会(町教育委員会主催)は15日、おきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなであった。子どもから高齢者まで世代を超えた9団体が沖永良部島の方言「島むに」での寸劇や島唄を披露。島の伝統文化や方言の魅力を再確認した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月15日土曜日

フラワーバレンタイン/知名町4HC、女性たちへ地元産の花贈る

「バレンタインに花束を」―。知名町農業青年クラブ(4HC、福井源規会長)は14日、同町のAコープ知名店前で女性の買い物客に沖永良部産の花束を贈り、喜ばれた。
「フラワーバレンタインは欧州などでは定着している。島でもバレンタインに地元の花を贈る習慣が定着してほしい」と期待した。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2020年2月14日金曜日

沖洲会ガイダンス/島を離れても地元とのつながりを

沖洲会の存在を知ってもらおうと、沖永良部高校3年生を対象にしたガイダンスが13日、同校体育館であった。神戸沖洲会青年部の吉田雄輝さん(22)が、各支部の活動を紹介。サプライズライブでは、奄美市笠利町出身の2人組ユニット「カサリンチュ」のコウスケさんが登場し「島を出ると、島の良さがわかる。都会の厳しさを乗り越えて頑張ってほしい」と激励した。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》