2018年12月31日月曜日

2018年12月30日日曜日

放課後児童ク「しらゆり」開所/公設民営第1号「成長見守りたい」

知名町に公設民営第1号の放課後児童クラブ「しらゆり」が25日、開所した。冬休み中の子ども達が訪れ、勉強したり、友達と遊んだりする姿が見られた

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月26日水曜日

「くんじゃい弥太郎賛歌」完成お披露目

和泊町国頭字の活性化に取り組んでいる「国頭なんでも弥太郎会」(田仲稔会長)が19日、島の歴史上の人物「国頭弥太郎」を題材にした「くんじゃい弥太郎賛歌」と、同字の観光名所をまとめた2019年国頭カレンダーを披露した。田仲会長は「カレンダーも賛歌も素晴らしいものができた。賛歌を聞いて国頭弥太郎も喜んでくれるだろう」と話した

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

和泊町新庁舎本体工事が完了

今年1月に着工した和泊町新庁舎の本体工事が24日までに完了した。25日に施工業者から町へ新庁舎の引き渡しが行われ、同日から職員による引っ越し作業が進められている。新庁舎での業務は年明け1月4日に開始する

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月24日月曜日

女子ボクシング吉田実代選手/二つのチャンピオンベルト持ち凱旋

昨年10月、ボクシング日本女子バンタム級初代王者となった沖永良部2世の吉田実代選手(30=EBISU K`s BOX)。今年3月、同級タイトル戦で初防衛を果たすと、8月には世界戦への足掛かりとなる東洋太平洋女子バンタム級王者を奪取、その1カ月後、地元鹿児島で東洋太平洋王者のタイトル防衛に成功した。11月13日、二つのチャンピオンベルトを携え沖永良部に凱旋。応援者の前で「ようやくここまでたどり着いた。次は世界タイトル。必ず取りたい」と意気込みを語った。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
http://amamishimbun.co.jp/2018/12/23/15451/

2018年12月23日日曜日

日本一のガジュマルをライトアップ 和泊町・国頭小

http://www.nankainn.com/local/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%80%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%92%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%e3%80%80%E5%92%8C%E6%B3%8A%E7%94%BA%E3%83%BB%E5%9B%BD
日本一のガジュマルをライトアップ 和泊町・国頭小
和泊町立国頭小学校にある「日本一のガジュマル」が21日夜にライトアップされた。木の根元に16基の照明を配置。全方向に光を当てると暗闇から巨大ガジュマルの姿形が、次々に色を変化させながら浮かび上がり、一体は幻想的な雰囲気に包まれた。

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月22日土曜日

奄美地域の振興方針まとまる/「ウェルネス」幅広く活用

県大島支庁は21日、庁舎内会議室で、奄美地域の課題や施策について方針を考える懇談会を開いた。今年3月、県が策定した「かごしま未来創造ビジョン」への補完が目的。地域産業やまちづくりなど分野別の方向性に「奄美のウェルネス(健康・癒し・長寿)」を重点に幅広く取り組む方針案が概ねまとまった。2019年度から実施する見通しだ。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月21日金曜日

創立70周年で制服リニューアル/披露された沖永良部高校の新制服

創立70周年を前に沖永良部高校(平井孝俊校長 生徒数272人)の新しい制服が21日、全校生徒に披露された。機能性とデザインにこだわった作りで、生徒会のメンバーがモデルとなって特徴を紹介した。来春の新入生から切り替える。制服のリニューアルは34年ぶり。




《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
http://amamishimbun.co.jp/2018/12/21/15417/

2018年12月20日木曜日

世之主神社/56年ぶり新社殿

世之主神社新社殿落成式が11月17日、和泊町内城字の同神社であった。改築は56年ぶり。多くの地域住民が集まり、島の守り神として親しまれてきた神社の改築完了を祝った。

《下のfacebookをクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月18日火曜日

第35回沖永良部音楽コンクール 武田賞に清村さん(沖高1年)

第35回沖永良部音楽コンクール(主催 知名、和泊町文化協会)が16日、知名町のあしびの郷・ちなであった。2部門に小学生から高校生までの20人がエントリー。審査の結果、ピアノ部門で出場した清村夕七さん(沖永良部高校1年・16)が、グランプリの武田賞に輝いた。
 
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月17日月曜日

ジャルパック、奄美群島行きダイナミックパッケージで1人最大15,000円割引

ジャルパックは、奄美群島の各空港を利用したダイナミックパッケージで、1人あたり最大15,000円を割り引くキャンペーン「JALダイナミックパッケージ 奄美群島で自然を楽しもう」を実施している。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月16日日曜日

東京奄美会(元会長)森眞一様 慰労会及び新年会のご案内





東京奄美会(元会長)森眞一様
慰労会及び新年会のご案内
      
東京沖洲会会長 今柴前勝  
         携帯090-8858-3421     

 拝啓師走も迫り、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、東京奄美会の会長職を2期(4年)務め奄美並び沖永良部の郷土発展に尽力されました、森眞一様が去る12月2日の総会において、ご勇退することとなりました。
つきましては感謝の気持ちを込め慰労会を行いますので、ご参加頂ければ幸いです。

 
日 時 平成31年1月26日(土)
     受付  13:45
     開始  14:00~16:30
 

場 所 清瀧神田店(JR神田駅南口)
        東京都千代田区鍛冶町1-7-1

会 費 女性 3,000円
     男性 4,000円

連絡先 080-3424-5789嶺元修身

    *準備の都合上1/15までに投函下さい

2018年12月15日土曜日

『花の島 沖えらぶジョギング大会』のお申込み、12月17日(月)から



平成最後の開催となる『花の島 沖えらぶジョギング大会』のお申込みが、間もなく12月17日(月)から始まります!
島内での申込み受付窓口は以下4箇所となります。

・和泊町役場企画課内(和泊町和泊)
・ファミリーショップ大福(和泊町玉城)
・セントラルスポーツ(知名町瀬利覚)
・おきのえらぶ島観光協会(エラブココ/知名町屋者)


島外からのお申込みはweb申込みをご利用下さいませ。
http://okinoerabu-jogging.jp/2018/11/application/

《下のfacebookをクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月14日金曜日

ふるさと納税で「親孝行代行サービス/樹木伐採や庭の手入れ「本当に助かる」

行サービス」を行っている。14日、大阪在住の堀田牧代さんに代わり、シルバー会員が、堀田さんの父親(79)が住む同町国頭字の実家に向かい、樹木の伐採や庭の手入れなどに汗を流した。
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月13日木曜日

郷土の歴史や偉人を知る 国頭小などで訪問講座

県主催の「維新の学びキャラバン」と題した訪問講座が10日、和泊町立国頭小学校で開かれた。県かごしまPR課明治維新150周年推進室の職員3人が6年生の教室を訪問し、クイズやミニ講座を実施。児童は明治維新の歴史やその時代の郷土の偉人について楽しみながら学んだ。
西郷の教えを引き継いだ土持が飢きんの際に人々を守るために社倉を設置するなどした、和泊の初代戸長(村長)としての功績も紹介。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月11日火曜日

南栄糖業が操業スタート/ 糖度「順調に回復」

南栄糖業(株)(芋高宗栄社長)が10日、2018~19年期の操業を開始した。雨の中、搬入出発式には関係者約100人が出席。沖永良部サトウキビ生産対策本部の山下元達本部長は「台風被害で懸念していた糖度も順調に回復している。事故なく無事に製糖が終われるよう協力してほしい」と呼び掛けた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

東京奄美会青年部ソフトボール/ 喜界チーム3連覇達成

白球を通じて絆がまた深まった――。
東京奄美会青年部はこのほど、足立区の舎人公園で「第18回東京奄美会青年部ソフトボール大会」(主催・東京奄美会青年部、協賛・東京奄美会青年部野球連盟)を開いた。奄美群島の出身者らは、家族の声援に後押しされ、8チームによるトーナメントを展開。好プレー、珍プレーに歓声と拍手がグラウンドに響き渡った。
総合優勝(Aクラス優勝)は、喜界チーム。見事に3連覇を達成した。
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月4日火曜日

東京奄美会創立120周年記念総会

東京奄美会(森眞一会長、花岡正美幹事長)の創立120周年記念総会・芸能祭が2日、東京都大田区のホールであった。約1200人が出席。1899(明治32)年の発足から大正、昭和、平成と歴史を築いてきた東京奄美会の歩みを振り返り、節目を祝った。この日新会長に選出された大江修造さん(東京龍郷会)は「東京奄美会の英知を結集し、時代の流れを捉えて世界に誇れる古里奄美の発展に貢献したい」と抱負を述べた。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月3日月曜日

復帰記念大島地区駅伝競走大会

日本復帰記念第59回大島地区駅伝競走大会(奄美群島市町村体育協会主催)が2日、和泊町研修センターを発着点に行われた。男女ともに5区間、男子29・6㌔、女子15・4㌔で競い、男子は奄美市が大会3連覇、女子も奄美市が7連続の優勝を果たした。
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月2日日曜日

和泊町大城小創立120周年記念式典 地域住民らと祝う

和泊町立大城小学校の創立120周年記念式典が1日、同校体育館であった。児童や地域住民ら約150人が参加し、節目の年を祝った。
 同校は、1898(明治31)年のこの日、大城尋常小学校として開校。町内唯一の準PTA会員制度(1995年発足)には多くの校区民が加入し、PTA会員とともに子ども達の活動を支えている。
 
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年12月1日土曜日

JACボンバルディア機退役 沖永良部空港でセレモニー

日本エアコミューター(JAC、本社霧島市、加藤洋樹社長)が2003年から運航してきたボンバルディアDHC8―Q400が30日、鹿児島―沖永良部便を最後にJAC路線から退役した。この日、和泊町のえらぶゆりの島空港には行政、観光関係者や地域住民が詰め掛け「離島の翼」として長年本土と県内各離島を結んできたボンバルディア機に感謝し、最後の雄姿を見届けた。
 
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年11月30日金曜日

一緒に農業しませんか 東京で繁忙期前に担い手募集

和泊町のNPО法人ねりやかなやレジデンス(佐藤理江代表理事)は19日、東京都品川区のイベントスペースで「沖永良部島×農業in東京」と題したワークショップを開催した。移住希望者や地域活性化に取り組む専門家など約10人が集まった。繁忙期に慢性的な人手不足に直面する島の現状を報告し、担い手を募った。
 
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年11月28日水曜日

泉貞吉氏死去 元和泊町長、名誉町民  92歳

泉 貞吉氏(いずみ・さだよし=元和泊町長)26日午後11時0分、和泊町内の病院で死去。92歳。病気療養中だった。自宅は和泊町出花1212。告別式は28日午後1時から和泊町手々知名512の136、沖永良部斎場飛鳥で。喪主は妻ハナさん。
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年11月25日日曜日

第25回関東沖永良部高等学校 同窓会・懇親会アルバム

11月25日 アルカディア市ヶ谷で、第25回関東沖永良部高等学校同窓会が開催されました沖永良部島から、校長先生、同窓会長、PTA会長が上京されました。

 
 
 
 
 

2018年11月22日木曜日

東京沖洲会・東京与論会合同忘年会のご案内

東京沖洲会・東京与論会合同忘年会のご案内
 
東京与論会 会 長  山下清男美   
幹事長 前田文雄


 向寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
本年も残り少なくなってきました。
親睦と交流をかねた毎年恒例の合同忘年会を下記の通り開催いたします。
御多用中のところ恐縮ですが万障お繰り合わせの上ご参加をお願い申し上げます


 



  1日時 平成30年12月9日   13:00~15:00


  2場所 清瀧酒蔵 神田店(JR神田駅南口 50m)

  3会費 男性4,000円・女性3,000円 (飲み放題)  




(ご連絡・お問合せ先)

     東京与論会 幹事長 前田 文雄
     FAX 03-3857-0885 ・ 携帯 090-3203-1578

     東京沖洲会 幹事長 嶺元 修身
     FAX 03-5247-0803 ・ 携帯 080-3424-5789


*準備の都合上12月4日までにご連絡をお願いします。

 



2018年11月18日日曜日

2018年11月14日水曜日

東京奄美会創立120周年記念総会・芸能祭のご案内


◆奄美への想いを込めて~ふるさとの文化・自然を後世に◆
の旗印のもと、東京奄美会創立120周年記念総会・芸能祭が下記の通り開催されます。


  ◆ 日時 2018年12月2日(日)
    ・・・第1部総会 12:00~  第2部芸能祭 13:10~
  ◆ 会場 大田区区民ホール アプリコ・大ホール
  ◆ 会費 4,000円(全席指定)


   ※チケットのお申込みは、各郷友会ごとに申込む
     ことになっています

  ◇ 案内詳細は ポスターで 


  ◇ 第2部芸能祭出演者のご紹介
 

2018年11月7日水曜日

水道水の硬度低減化を/知名町

知名町の今井力夫町長は6日、金子万寿夫衆院議員とともに、同町の水道水の硬度低減化施設整備の早期実現について、厚生労働省医薬・生活衛生局と総務省自治財政局で要望活動を行った。


《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年11月3日土曜日

第36回知名町合同金婚式


第36回知名町合同金婚式が9月14日、同町フローラル館であった。来ひん約80人が集まり、結婚から50年を迎えた14組の夫婦を祝った。
 合同金婚式は、1983(昭和58)年から始まり、これまでに933組を祝福してきた。
式は、金婚を迎えた花嫁花婿の入場で始まった。満面の笑顔を見せる夫婦らは、腕を組んだり、手をつないだりしながら席に着いた。テーブルの上には夫婦の似顔絵が飾られ、見比べながら時間を過ごした。
 今井力夫町長は「順風満帆な人生ではなかっただろうが、この50年間が自信となり、これからの人生を支えてくれる。これからも二人で手を携え仲良く過ごして欲しい」とあいさつ。金婚夫婦を代表して河田兼彦さん(72)が「ともに歩みながら半世紀を迎えることができた。今日は、いままでの思いも込めて妻に一献差し上げたい」と述べた。
 演芸では踊りや歌などが披露され、出演した子ども達が「おじいちゃん、おばあちゃん、おめでとう」と声を掛けた。


知名町生涯学習フェスティバル前夜祭

本日(11月2日)夜、知名町あしびの郷・ちなで第28回知名町生涯学習フェスティバル前夜祭がありました。  ラストは、島の唄者、前田綾子さんと新納安栄さんが「いちきゃ節」を披露してくれました。


  撮影場所:知名町あしびの郷・ちな
  撮影日時:11月2日午後8時30分ごろ
   奄美新聞社 沖永良部支局

2018年10月31日水曜日

鈴木さん「西郷を生ききった」/西郷どんクランクアップ

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

奄美島うたのど自慢大会/重信さん(沖永良部出身)が優勝

最高の笑顔の重信洋子さん(左)と平岡優香さん(右)
「関東奄美夏まつり・第9回奄美島うたのど自慢大会」(主催=東京奄美文化交流協会・奄美島うたのど自慢実行委員会)がこのほど、目黒区の目黒区民センターで約400人と満員の観客を集め、田中美穂さんの司会で盛大に開催された。第1部「奄美島うたの部」には18組がエントリー、龍郷町出身の平岡優香さんが伸びやかな声で「塩道長浜節」を熱唱し優勝。また16組が競った第2部「奄美歌謡・新民謡の部」では、沖永良部出身の重信洋子さんが「加計呂麻慕情」で優勝した。またゲストとして里アンナさん、前山真吾さんが登場した。
 

第9回奄美島うたのど自慢大会奄美歌謡の部優勝、重信洋子さん



《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年10月23日火曜日

2018年10月22日月曜日

2018年10月21日日曜日

通訳案内士が沖永良部島を案内

外国人の留学生や旅行事業者を招いたツアー「沖永良部島FAMトリップ」が20日、同島内であった。地元の通訳案内士と高校生が同行して島内の主な観光地を巡り、その魅力をアピールした。
 
《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年10月19日金曜日

2018年10月17日水曜日

2018年10月15日月曜日

2018年10月8日月曜日

第54回東京和泊校区交友会が開催されました。

10月7日 第54回東京和泊校区交友会が開催されました。



 
 
 
 
写真:村田俊美さんのFacebookより借用   

台風24号、空き家問題浮き彫り

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年10月3日水曜日

2018年9月30日日曜日

停電や携帯電話不通で生活まひ 沖永良部島

台風24号の接近に伴い29日昼前から暴風域に入った沖永良部島は終日、横なぐりの激しい雨風に見舞われた。同日午後1時までに和泊町で39世帯58人、知名町で36世帯59人がそれぞれ近くの避難所へと避難し、不安な夜を過ごした。島内は断続的に停電。携帯電話はつながりにくい状態だ。
 

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年9月25日火曜日

2018年9月24日月曜日

2018年9月21日金曜日

2018年9月20日木曜日

2018年9月12日水曜日

観光フリーパスなど提案 鹿大生、知名町の活性化策

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

ミシュラン・グリーンガイド 奄美群島/格付けで高評価

日本ミシュランタイヤ(東京都)は11日、奄美群島の観光地や観光施設を星の数で格付けして紹介する「ミシュラン・グリーンガイド奄美群島WEB版」(仏語、英語)を同社ウェブサイト上で公開した。日本を訪れる外国人観光客向けに厳選した奄美の35カ所(沖縄本島一部含む)を初掲載。寄り道する価値があるとして、2番目に高い評価「★★(2つ星)」を与論島に与えたほか、大島紬村(龍郷町)、大浜海浜公園(奄美市)、大金久海岸・百合ケ浜(与論町)も「★★」に選ばれており、海外からの入込増が期待されている。
エリア掲載地名(日本語)掲載地名(英語)評価
奄美大島奄美大島Amami-?shima Island
奄美大島大島紬村Oshima Tsumugi Garden and Kimono Workshop at Oshima Tsumugi Mura★★
奄美大島大浜海浜公園Ohama Seaside Park★★
奄美大島黒潮の森マングローブパークKuroshio no Mori Mangrove Park
奄美大島金作原原生林Kinsakubaru Virgin Forest 
喜界島荒木中里遊歩道Araki-Nakazato Promenade
喜界島スギラビーチと慰霊碑Sugira Beach and Air Base Monument
喜界島手久津久のガジュマル巨木Gajumaru - Big Banyan Tree 
喜界島テーバルバンタThe Hills of the Tebaru 
徳之島徳之島Tokunoshima Island
徳之島畦プリンスビーチAze Beach
徳之島犬田布岬Cape Inutabu
徳之島犬の門蓋Innoj?-futa Arches
徳之島ムシロ瀬Mushiroze Walkway
徳之島金見崎Kanami Promontory 
徳之島剥岳林道Mount Hage-dake Forest 
沖永良部島沖永良部島Okinoerabu Island
沖永良部島昇竜洞Shoryudo Caves
沖永良部島田皆岬Tamina Point
沖永良部島フーチャF?cha Blowhole
沖永良部島ワンジョビーチWanjo Beach
沖永良部島沖泊海浜公園Okidomari Seaside Park 
沖永良部島笠石海浜公園Kasaishi Sea Park 
沖永良部島国頭小学校のガジュマル巨木Gajumaru - Big Banyan Tree 
沖永良部島越山展望所Koshiyama Lookout 
沖永良部島世之主の墓Yononushi Grave 
与論島与論島Yoron Island★★
与論島大金久海岸と百合ヶ浜Oganeku Beach and Yurigahama Sandbar★★
与論島トゥマイと寺崎海岸Tomai Beach and Terasaki Beach
与論島皆田海岸Minata Beach
与論島与論城跡Yoron Castle Ruins 
沖縄本島沖縄本島Okinawa-hont? Island 
沖縄本島慶佐次湾のマングローブGesashi Bay Mangrove
沖縄本島サキシマスオウノキSakishimasuonoki Tree 
沖縄本島東村立 山と水の生活博物館Higashi Museum of Natural History 
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》



ミシュラン・グリーンガイド 奄美群島 WEB版
 ウエブサイトURL:
 

2018年9月5日水曜日

2018年9月2日日曜日

「島つくり」老若男女が討議 沖永良部シンポジウム

第9回沖永良部シンポジウム(酔庵塾、同実行委員会主催)は1日、知名町のフローラル館であった。「ローカルが主役の時代を迎えて~子や孫が大人になった時にも笑顔あふれる美しい島つくり」がテーマ。㈱日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏(53)らの基調講演と、島内外から集まった老若男女による分科会があり、沖永良部をより豊かにするための方策を考えた。
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年8月28日火曜日

戦時中の沖永良部が舞台の小説「神に守られた島」


戦時中の沖永良部が舞台の
小説「神に守られた島」
作家の中脇初枝さん来島講演


2018年8月20日月曜日

沖永良部の魅力を発信 NPOねりやかなやレジデンス

NPO法人「ねりやかなレジデンス」(事務局・和泊町、佐藤理恵代表理事)が、離島での就業体験プログラム「島キャン」で来島中の大学生とともに、沖永良部島のPR用コンテンツの制作に取り組んでいる。同NPOは沖永良部島を拠点に奄美での移住者支援や農業の担い手不足解消に向け、さまざまな事業を展開。コンテンツ制作は島外の主に若い世代に対し、沖永良部島と島の農業の魅力を発信する狙い。
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年8月16日木曜日

沖永良部島西方約150キロで台風18号が発生

 
今年は台風が早いペースで発生しています。
15日正午には、新たに、沖永良部島西方約150キロで台風18号「ルンビア」が発生しました。
「ルンビア」は、マレーシアが用意した名前でサゴヤシの意味です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
 


2018年8月15日水曜日

沖永良部・与論のキビ、生育順調 台風から「恵みの雨」

例年、梅雨明け以降は少雨傾向が続く奄美地方。沖永良部島や与論島は昨年も干ばつに悩まされたが、今年は台風の影響でまとまった雨が降る日もあり、基幹作物サトウキビはこれまでのところ順調に生育している。両島のキビ農家ら糖業関係者からは「台風のおかげ」との声も聞かれる。
 
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年8月8日水曜日

和泊町手々知名の堀江さん「指導漁業士」認定

【沖永良部】和泊町手々知名の堀江百合子さん(49)がこのほど、県の「指導漁業士」に認定された。7日、沖永良部島漁業協同組合で認定証の授与式があり、東善一郎組合長から認定証を受け取った堀江さんは「県内の漁業士同士で情報交換できるのはとても良いこと。値段の付かない魚を活用したり、島独自のお土産品を開発したりして沖永良部のPRにつなげたい」と意気込みを語った。
《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

2018年8月6日月曜日

2018年7月30日月曜日

くり舟競争で熱戦/知名町夏まつり

《写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

海見洞(かいけんどう)/小学1年生から親子で参加OK


8月から新コーススタートになります。
その名も海見洞(かいけんどう)❗️❗️
小学1年生から親子で参加出来ま~す
詳しくはお問い合わせ下さ〜い。


ケイビングするならプロガイドチーム OCUへ
Okinoerabujima Caving guide Union
(一社)沖永良部島ケイビングガイド連盟
社団法人 日本ケイビング連盟 Japan caving union 沖永良部島支部

http://caver.jp/
お問合せ0997-84-3335
080ー1756ー9087(直通)


 
 
 
 
 
 


2018年7月23日月曜日

2018年7月18日水曜日

2018年7月17日火曜日

2018年6月20日水曜日

2018年6月8日金曜日

2018年6月5日火曜日

2018年5月29日火曜日

島民創作ミュージカル えらぶ百合物語(6月16日・17日)

 
6月16日(土)、17日(日)、ついに「島民創作ミュージカル えらぶ百合物語」が おきのえらぶ文化ホール あしびの郷・ちなで 公演を迎えます。
そこで、みんなにミュージカルのPVをお届けします。
 
 
 



2018年5月28日月曜日

第105回 東京沖洲会総会・敬老会・芸能祭

5月27日 第105回 東京沖洲会総会・敬老会・芸能祭が250名の参加者のもと 大井町「きゅりあん」にて 盛大に開催されました。
祝辞 知名町長 今井力夫様

 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年5月26日土曜日

2018年5月24日木曜日

2018年5月23日水曜日

2018年5月22日火曜日

2018年5月15日火曜日

2018年5月11日金曜日

ホームページ リニューアルのご挨拶

2015年3月東京沖洲会のホームページはスタートし、4年を経過しました。 
この間にホームページを訪れて下さる方々のデバイスがパソコンからスマホに移って来て 今ではスマホが60%になろうとしています。

そこでスマホでも読みやすいように レスポンシブルなレイアウトへと変更を実施し リニューアル致しました。

今後ともよろしくお願い致します。

     ホームページ管理人
            森谷 勉