2020年12月31日木曜日

新成人の門出祝って 和泊町役場

 和泊町は28日、新成人の記念写真撮影スポットを同町和泊の町役場庁舎に設置した。来年1月2、3日の2日間限定で開放する予定。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月30日水曜日

2020年12月30日水曜日

100万回超えで魅力発信 観光PR動画を公開 沖永良部

<<下の写真をクリックで動画が再生されます>>

 和泊、知名両町は25日、沖永良部島の観光PR動画「Okinoerabu Island,Japan 8K│沖永良部島」を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。再生回数は29日現在、100万回を超え、海や鍾乳洞といった自然豊かな景観など、同島の魅力を国内外へ発信している。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月29日火曜日

2020年12月27日日曜日

「日本一のガジュマル」光で装飾 和泊町国頭小

 クリスマスの25日、和泊町立国頭小学校でシンボルツリーの「日本一のガジュマル」がライトアップされた。校区内外から親子連れなどが訪れ、赤や緑、青など色とりどりの光が舞う幻想的な空間を楽しんだ。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月26日土曜日

2020年12月26日土曜日

コロナ収束願い打ち上げ花火 和泊町

 和泊町で24日、新型コロナウイルスの感染収束を願う花火が打ち上げられた。午後7時から約5分間、計75発の大輪の花が冬空を彩り、住民らを励ました。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月25日金曜日

2020年12月23日水曜日

竿さん(下平川小3年)に最優秀賞 「住みよい地球」全国作文コン

 知名町立下平川小学校2年の竿めいさん(8)がこのほど、「住みよい地球」全国小学生作文コンクール2020(岩谷産業主催)で、最高賞の最優秀賞(2点)を受賞した。竿さんは「一生懸命書いた作文で賞をもらえてうれしい」と受賞の喜びを話した。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月22日火曜日

2020年12月22日火曜日

テーマは「野に咲く しまぬ花」 集落カレンダーを販売 和泊町国頭

 和泊町国頭集落の活性化に取り組む任意団体「国頭なんでもやったろう会」(田仲稔会長)はこのほど、2021年の集落カレンダーを製作した=写真。1部500円で販売している。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月21日月曜日

2020年12月21日月曜日

農水産業団体が直売市 知名町

 沖永良部島の農水産業3団体の合同直売市が20日、知名町のAコープ知名店駐車場であった。地場産の切り花や野菜、魚介類などが並べられ、多くの買い物客でにぎわった。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月20日日曜日

2020年12月19日土曜日

和泊町で古墳時代の遺物出土 「城当遺跡」と命名、発掘調査へ

 和泊町教育委員会は18日、同町和泊で古墳時代から古代併行期のものとみられる遺物などが見つかり、地名から遺跡を「城当(ぐすくどう)遺跡」と名付けたと発表した。試掘調査で同時代の遺物とみられる「くびれ平底土器」の陶片などが出土しており、来年1月から周辺500平方メートルを対象に発掘調査を実施する予定だ。18日の町議会で公表した。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月18日金曜日

2020年12月18日金曜日

6市町村中止、4町が延期 群島内成人式 喜界町、与論町は検討中

 新型コロナウイルスの影響で来年1月の成人式の開催の可否を巡り、奄美群島内の市町村が相次いで対応方針を決めている。17日までに奄美市など6市町村が中止を決定。徳之島3町を含む4町が延期を決めた。喜界町は2日の実施を取りやめ、延期か中止で検討中。与論町は可否や延期を含めて近日中に判断する。

《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

http://amamishimbun.co.jp/2020/12/18/28890/

AmamiNewsさんの投稿 2020年12月17日木曜日

2020年12月17日木曜日

伊地知町長が勇退表明 和泊町

 和泊町の伊地知実利町長(77)は16日、任期満了(2021年7月13日)に伴う次期町長選に立候補せず、今期で勇退する意向を表明した。町議会で、進退を問う池田正一議員(53)の一般質問に対し「去就について後援会や関係者と相談しながら熟慮を重ね、今期をもって本職を退任することにした」と答えた。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月16日水曜日

2020年12月11日金曜日

ふるさと小包便「えらぶ日和」/島の味楽しんで

 和泊町生活研究グループ連絡協議会(福山元子会長)が10日、地元の特産品を詰め込んだふるさと小包便「えらぶ日和」の箱詰め作業を同町農産物加工センターで行った。限定150セットを日本全国に届ける。11日発送。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月10日木曜日

2020年12月7日月曜日

武田賞に清村さん(開陽高3年)/沖永良部音楽コン・ピアノ部門に出場

 第37回沖永良部音楽コンクール(知名、和泊両町文化協会主催)が15日、知名町あしびの郷・ちなであった。審査の結果、ピアノ部門に出場した清村夕七さん(開陽高3年)が、最高賞の武田賞に輝いた。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月6日日曜日

2020年12月6日日曜日

短時間、夜空彩る〝希望〟/群島一斉打ち上げ花火

 「短時間、夜空彩る〝希望〟、奄美がつながるきっかけに」―。「Island Pic実行委員会」(21団体、実行委員長・渡太郎奄美大島青年会議所理事長)主催の「奄美群島一斉打ち上げ~きっかけの花火~」企画イベントが5日夜、8市町村の16カ所で繰り広げられた。新型コロナウイルス感染症拡大の影響や当日の天候不良の予報の影響で、群島一斉打ち上げの当初計画は変更を余儀なくされた。事務局によると、天城町(午後7時半開始)以外は、計画通り午後7時から一斉打ち上げが開始された。奄美市名瀬では雨天の中、1カ所から打ち上げられた。瀬戸内町では中止が決定し、与論町、知名町、龍郷町は延期となった。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月5日土曜日

2020年12月4日金曜日

タイトル戦前に応援のPR/女子世界王女・吉田実代さん

 「島の皆さの声援を受けて、今回も頑張りたい」――。13日に防衛戦を控えている、沖永良部島2世で世界ボクシング機構(WBO)女子世界スーパーフライ級王者・吉田実代さんがこのほど、恵比寿にある居酒屋を訪れ、タイトルマッチへの応援を呼び掛けていた。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月3日木曜日

2020年12月2日水曜日

4期ぶり9万トン台目指す 南栄糖業が製糖開始 沖永良部島

 県内の大型製糖工場のトップを切って沖永良部島の南栄糖業株式会社(芋高宗栄社長)が1日、2020~21年期の製糖を開始した。今期のサトウキビ搬生産量は11月1日現在、9万366トン(前期実績8万2979トン)を見込み、6期連続の8万トン超え、4期ぶりの9万トン台を目指す。搬入出発式が同日、和泊町皆川の同社工場であり、生産者と同社社員らが安全操業へ気持ちを新たにした。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》
AmamiNewsさんの投稿 2020年12月1日火曜日

2020年12月1日火曜日

ゼロカーボンシティ実現へ/まちづくり住民説明会 新庁舎の基本設計紹介

 知名町による「子や孫に誇れる住民説明会」が29日、同町あしびの郷・ちなであった。新庁舎の基本設計の紹介やゼロカーボンシティの実現に向けた今後の取り組み、水道水の硬度低減化などについて説明が行われた。


《下の写真をクリックすると詳細記事が表示されます》

http://amamishimbun.co.jp/2020/12/01/28607/

AmamiNewsさんの投稿 2020年11月30日月曜日